次は鉛筆です

上と下の絵は「ボスというえんぴつ」の挿絵です。これは、1975年、小学館の「小学一年生」七月号に載った作品です。 後に「メキメキえんぴつ」(太平出版社刊)の冒頭を飾った作「メキメキえんぴつ」とほぼ同じ物です。
  「鉛筆」はただ小学生の鉛筆ケースにおさまっているだけの、こどもを育てるのに役立つだけの可愛い道具ではありません。鉛筆は大勢の報道記者の必需品であって、いわばマスコミの尖兵です。それだけに非常に恐ろしい道具でもあります。
  鉛筆は使いようによっては銃より恐るべき凶器です。
  くれぐれもお気をつけてくださいね?

[メキメキえんぴつ」
    (太平出版社刊)

次へ
戻る