NO.1

私のイエス・キリスト

私は、こう見えてもクリスチャンです。
しかし、私のキリスト教観は、一般のキリスト教徒とは大分違うと思います。あんまり変わっているので、そんな方々は多分私を「異端」呼ばわりするかもしれません。
 私はクリスチャンの一人一人がそれぞれその人にあった考えをもっていていいと思っています。他人をむやみに「異端」呼ばわりする向きは、その人こそ傲慢のそしりを免れないでしょう。

イエス・キリストに対する私の基本姿勢は、なんといっても、

私はもう、二十四年もクリスチャンをやっています。けれども、私の信仰は、至って単純です。イエス・キリストは、何度もおっしゃいました。

「あなたの十字架を背負って、私について来なさい。」って。  (マルコによる福音書8章34節)

ですから、私は自分の十字架を背負って、イエス・キリストについて行こうと思っているだけです。「自分の十字架」というのは、私の運命と解釈しています。私が体験しなければならなかった、様々の悲しみ、苦しみ、絶望、諦め、不安などすべての負い目です。
 キリスト教の教会では、洗礼を受ける前に、「悔い改めをしなくてはならない」
とか、いろいろの制約を課してきます。しかし、こういう宗教臭さが、キリスト教を求めて教会に来る人々をシャットアウトしてしまいます。日本のクリスチャンが全人口の一パーセントしかない訳は、この辺にもあります。最も大切な事は「イエス・キリストについて行く」事だと思います。

私の信仰とは・・・
戻る

です。私はこう、声高く、力強く叫ぶ事に限りない歓びと誇りを感じています。
 世には、有名な芸能人や、スポーツマンに熱いエールを送るファンが大勢います。私は、そんなファン達と全く同じ思いでイエス・キリストを仰いでいます。世のクリスチャン達の熱い信仰心とは、違っているかもしれません。・・・構いません。私は、自分のイエス・キリストへの思いは、神の前に出ても恥ずかしくない、正しい姿勢だと信じています。
 イエス・キリストは、歴史上の誰よりも男らしく、優しく、魅力のある人でした。こんなすばらしい人が、よくこの地球上に現われたとつくづく思います。

この12月10日の3時過ぎに、NHK1チャンネルで私はすばらしい番組を見ました。皆さん、ご覧になりました? 前の戦争の口火を切った真珠湾攻撃の隊長を務めた「淵田美津雄」さんの話です。淵田さんは真珠湾攻撃が成功した時「われ本懐を遂げたり。トラ、トラ、トラ」と、打電したそうです。しかも、戦後日本を焦土と化したアメリカを憎み続けたそうです。ところが、ある日キリスト教に触れて、ショックを受けたといいます。イエス・キリストが自分を十字架にかける人々について、「父よ彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」と、いわれたからです。淵田さんは、それから「赦し」ということを真剣に考えるようになり、結局キリスト教の洗礼を受けて、クリスチャンになりました。そればかりか、アメリカ中隈なくキリスト教伝道の旅をして歩いたそうです。淵田さんは、真珠湾攻撃の「お詫び」はしませんでした。ただ戦争がどんなにお互いの人間を苦しめ合うかを死を覚悟して説いたといいます。帰国した淵田さんは、大部の自叙伝を書きました。
 私はこんな凄い人がいたことを初めて知り、深い感動を受けました。

ハレルヤ

「ハレルヤ!」

僕はこの言葉が大好きなんです。
「主に栄光がありますように!」という意味です。
死の寸前に、「ハレルヤ!」がいえたら・・・・
これが、僕の願いです。

「ハレルヤ!」は、人間の使う語の中で、
最高ではないかと思っています。
ただ、他の宗教でこれに当たる語をしりません。

どなたか、そんな言葉を教えてください。

次へ
私はイエス・キリストの大ファンである。
「祈れば与えられる」か?

クリスチャンの多くが、よく口にする言葉があります。
「祈れば、与えられる」です。一般のクリスチャンばかりか、牧師の中にも、本気でそうおもい、そう本に書く人さえいます。「祈ったから、教会堂が与えられた」などと,たまたま起こった、奇跡的な幸運を例に出して、あたかも神様がなさったかのごとく、まことしやかにいいます。
。まるで、「祈れば与えられる」と信じることが、クリスチャンの証しであるかのようです。

しかし、考えてみましょう。「祈れば」と、「与えられる」の間には、なんの繋がりもありません。万一祈って与えられたとしても、与えられたのが、祈った結果だという証拠はどこにもありません。祈ったから与えられたと信じただけです。
 いや、却って「祈れば」と「与えられる」に直結する関係があると信じたならば、むしろそれは、クリスチャンが最も嫌うご利益信仰になるのであって、彼らが常に自慢げにいう、「キリスト教は、終末信仰であって、ご利益信仰ではない」という言葉が嘘になり、キリスト教も、お稲荷さんとちっとも変わらない事になるでしょう。(お稲荷さんを決して馬鹿にしているわけではありませんが・・・。)
 そんな訳で、私は「祈れば与えられる」は正しくないと思います。「かなえられようと、かなえられなくても」、クリスチャンは、たえず祈りつづけなくてはならないのです。

「祈れば与えられる」という言葉は、「祈りさえすればあとは何もしなくても与えられる」とも聞えますし、クリスチャンの多くが、そんな怠惰な信仰を持っているように見えます。そんな信仰が現実かもしれませんね?
 映画「マザー・テレサ」を見ると、マザー・テレサは、祈る時間さえ無かったほど多忙で、病める人々、貧しい人々の世話に駆けずり回っていたようです。ですから、彼女は静かな礼拝堂で一人ひっそりと祈ってなんかいなかったのでしょう。病人達や、貧しい人達の介護をしながら、心の奥で絶えず、「神様! 助けてください。」 「神様!助けてください。」 「神様!助けてください。」と叫び続けていたに違いありません。私はそれこそ本当の祈りではないかと信じています。

 祈りは、ひま人のあまったれた「おねだり」ではなく、行動する人の必死の叫びだと思います。
                              2006.3.25記