今「タマシ―・ロロの冒険」という、新しい童話を創っています。
自慢などしませんが、これは今まで誰も書いたことの無いほど、新しい童話、いやフィクションです。しかし、タマシ―などという、目に見えない、音沙汰も聞こえない者を扱う事は、至難の業で、これを目に見えるように描くなどという、大それた計画は、この僕でも考えられませんでした。現在八十五歳になって、いいかえれば死に近くなって初めて、やってみようかと、決心したのです。という訳は、タマシ―(漢字で魂)の問題こそ今地球で最も重要なのに、誰も
そう思っていないように見えるからです。

 さて、この童話はロロという生後間もなく死んだ子どもが、タマシ―となって、親に殺された幼児キラリ、それに路上で死んだ野良犬のドコマデモや、いじめられてマンションの六階から飛び下りて死んだゴミタ(まだ仮名)等と共に、大勢のタマシ―(この中には幽霊もいます。)を連れて天国へ旅立ちます。旅立つ前に地球で大地震や、戦争や、難病などで苦しんでいる人々など、人間のありとあらゆる悩みと悲しみと諦めと絶望を目撃します。それが、神から与えられた使命でしたから。

 タマシ―・ロロは、ナナシノ・ゴンベーという、神の使いの声をたよりに、一つの小さな星をかざして、天国への長い旅路につきます。共にキラリとドコマデモとゴミタを連れて、あとから数億のタマシ―の群れを率いて。
 長い旅路の末、やっと天国に着きますと、門の前になんと! キリストとマホメットとブッダが、病院長の制服を着、首から聴診器を下げて待っています。三人は、やって来たタマシ―達を並ばせて、良からぬ心があるかないかを診断します。そして病気のある者は門の隣りの大病院へ、病気の無い者はいよいよ天国の門に入る事を許されます。こうして、誰も彼もが天国に入る訳です。
 ゴミタなどは、天国の遊園地のプロデュウサ―になることを夢見てきましたから、もう大喜びしています。

 こんな話が「タマシ―・ロロの冒険」です。
あまりにも奇想天外(作者の思惑)な童話なので、これが本になって出版されるかどうかは全く未知数です。が、僕の天命だと信じて絶対に完成するつもりです。
 
    皆さん、どうかご期待のほど、よろしくお願い申し上げます。

                                          大海 赫

 私は2014年に「勇士タロー物語」を仕上げ、復刊ドットコム社に原稿を持ち込みましたが、残念ながら出版を断られました。この童話が、戦争という人類の見苦しい殺し合いを扱っている上に主人公のタローが、強者の立場で描かれているからという理由でした。この出版社には、これまで随分お世話になっていましたから、決して不服には思いませんでしたが、やはり、残念でたまりませんでした。
 「勇士タロー物語」は、鬼の牙から生まれたタローが成長して、郷里のユメトコ村の勇士たちと海を隔てたオニブセ島の主ワシノテンカをやっつけた話で、構図だけはあの「桃太郎」と似ています。違うのは第一に鬼共がどんな悪事をやってきたかをしっかりと描いた事です。いわゆる「児童文学」では、子どもの心を傷付けないようにと世の中の汚らしさ、残酷さ、馬鹿馬鹿しさにはすべて蓋をしてきました。デコレーションケーキのような大甘な世界をのみ描いて、子どもの心を傷つけないようにしてきました。「鬼」という怪物を世にも優しい生き物に描いてきました。が、そんな「児童文学」に大人は見向きもしなくなりました。(「泣いた赤鬼」がいい例です
第二に、タローを育てたのはタロボー飴を売りに来て、ユメトコ村になじみ、タロボーと出会ってその父親になった、天狗のハチベーであり、ハチベーがタローを立派な青年に育てた事です。
第三に鬼の将軍ワシノテンカをやっつけるために、メッキキ沼の河童のドジ、オーハナ岬の海坊主のミョウカン、ナナツボシ山の大天狗モノノホン、小人のアンポンタン等の怪物の助けが必要でした。
 現在北朝鮮では、水爆実験が行われたために、世界中が大騒ぎをしていますね。日本を初め、世界各国が報復しようとしています。しかし、報復が報復を生んで、エスカレートしていけば、その煽りを食って苦しむのは、一般の庶民ですね。北朝鮮の将軍様が大馬鹿なら、世界各国の首脳もあまり賢明とは思えませんよね。
 世の大人達は、戦争を残酷で悲惨な事件とのみとらえます。だからこそ、子ども達にできることなら、これを隠しておきたいと思うのでしょう。しかし、私の目には、戦争とは「滑稽で、下劣で、馬鹿馬鹿しい茶番劇にしか映りません。この事に人類が気づかない限り、戦争は絶対に無くならないでしょう。
 「勇士タロー物語」は、ここに着目した、私の一生を賭けた童話です。

 もし、これをお読みになった方は、この作品を世に送り出してください。
 心からのお願いです。




将棋の古いきまりについて



 私は日本独特の将棋というゲームに、どうも納得のゆかないきまりがあるのを怪訝に思っています。「二歩」「打ち歩詰め」という反則です。この反則を解除しても、ゲームはできます。にもかかわらず、この反則が何の疑問も無く平然といすわっていて、どなたも疑問を感じておられないのは、不思議としか言えません。因習というもんは、長く居座れば居座るほど厳めしい「伝統」に変化するのでしょうね。
 しかし、考えてみてください。この納得のいかない反則を廃止しても、ゲームは立派にできます。いや、もっともっと面白い、緊張感のあるゲームになるに違いありません。ではなぜこんな反則ができたのでしょう。おそらく雑兵に対する軽侮の念からではないでしょうか。
「雑兵は徒党を組んではいけない」「雑兵風情が敵の将軍を殺してはいけない。」
 これらの雑兵に対する差別が」こんな反則を法律にしたのでしょう。しかし、実際の戦争では雑兵も固まって行動しますし、一平卒が敵の将軍にとどめを刺すことも十分にあったはずです。現にこの日本でも、雑兵が活躍した事件は数多くありました。大坂夏の陣の豊臣方、奇兵隊、新撰組、あの戦争でも南洋で戦った兵隊のほとんどが雑兵でした。
 雑兵は最も苦労するのに一番報われません。私は雑兵の汗と涙をもっと評価してあげたいのです。作家大岡昇平さんが書いた「レイテ戦記」には、一平卒の働きをよそに卑怯にも戦線を離脱して逃げまわった指揮官の話が描かれています。こんな記事には怒りを覚えますが、将棋界では一平卒よりもこんな指揮官を尊重する訳ではないでしょう。
 棋士の皆さんはどなたも優れた頭脳をお持ちなのに、「二歩」「打ち歩詰め」という奇妙な反則を粛々と
守っていらっしゃるのか、私にはどうも納得がゆきません。
 どうか、一度よーくお考えいただきたいと切に思います。




表紙へ
もどる
タマシ―・ロロの冒険

リンペンラッピ12

「勇士タロー物語」の出版は絶望