リンペンラッピ 6

立花隆著「滅び行く国家」を読む

立花隆氏の「滅び行く国家」を読んだ。深い感銘を受けた。啓発される事が多かった。僕は今東シナ海の尖閣諸島周辺に、中国がしきりに原子力潜水艦を忍び込ませたり、北朝鮮がテポドンを打ち上げて日本とアメリカを威嚇したりするのを見て、「これはこの国も再軍備を考えなければならない時期なのかなあ」と、気弱に思い始めていた。しかし、この本を読んでやっと考えが決まった。

立花隆氏はいう。「憲法第九条は、この六十年間の日本の最大の国益の守り手であった。憲法第九条のおかげで日本が得たものはたくさんあるが、なかんずくこの六十年間日本が戦争によって同胞の血を一滴も流さないですんだことはなによりも誇らしいことだと思う。このようなことは、日本の近代史においていまだかつて無かったことである。」と。

確かに、憲法第九条のおかげで、この国は名誉ある平和国家を築き上げたし、世界有数の経済大国にもなった。その恩恵をかなぐり捨てるかのように、自民、民主の政治家の多くが憲法第九条をアメリカから押し付けられたことを理由として、改悪し再び国民を戦争に巻き込もうとしている。ばかりか、今度は教育基本法に、国家エゴイズムでしかない間違った「愛国心」を盛り込み、こども達に参戦のために必要な、敵国人を不当に憎むだけの間違った「正義」を教え込もうとしている。

氏は、堤尭著「昭和の三傑」(集英社インターナショナル刊)を強く勧めている。私もこれから読みたいと思っているのだが、「この本を読めばかなりの人の憲法第九条の見方がガラリとかわるはずである」という。                憲法第九条は、これまでナイーブな人たちの理想主義的な心情の産物のようにいわれてきた。「レアルポリテイック(現実主義的権力政治)をなにも知らないバカが・・・」と、したり顔で罵られさえしてきた。しかし、憲法第九条ができていく過程でレアルポリテイックの真髄をつかんでいたのは、あの憲法が作られた時の総理大臣で、練達の外交官政治家の幣原喜重郎だというのだ。
 あの憲法は、マッカーサーが日本に押し付けた物というのが、改憲論者の決まり文句だが、堤氏は幣原喜重郎が頭をふりしぼった大芝居を打ち、マッカーサーをまんまとはめて、救国のトリックをしくんだようだ。幣原はそれが「騙し」であることをさとられないように、アメリカを騙しきり、憲法をアメリカからの強制のように装ったらしい。だからこそ、朝鮮戦争でも、ベトナム戦争でも、アメリカが日本に再軍備を迫ろうとする度に、日本は憲法第九条を盾にそれを拒み続けることができたというわけだ。

私は、「コスト オブ ウオー」というサイトを見て驚愕した。アメリカの軍事費が秒単位で巨額をどんどん膨張していくのを目にしたからだ。息子をイラク戦争で死なせなければならなかったシンデイー・シーハンさんの必死の反戦運動に押されたのか、大統領ブッシュの支持率は下がる一方だ。日本がアメリカと肩を並べて、アメリカの戦争に巻き込まれればどうなってしまうか、分かる時がくるだろう。                       

立花隆著「滅び行く国家」は493ページの大部な本で日本のさまざまな問題点を論じているのだが、全部読む時間の惜しい向きには、せめて憲法第九条について書かれた「イラク問題」だけでも読まれることを強くお勧めします。
                            2006.5.24記
戻る
表紙へ
爆笑問題と東大の「教養論」について

7月8日夜、NHK3チャンネルで、漫才師の爆笑問題が、東大教授と東大生相手に「教養」について論じていた。東大側が大田光の鋭いつっこみにたじたじのざまで、大変面白かった。どうやら、結論は教養とは「(現実に)引き戻す力」という所に落ち着いたようだ。

 しかし、私の意見を一言言わせていただくならば、そんな結論では非常に不満なのだ。教養とは何か、それは例えば今、北朝鮮が日本海にミサイルを投下した問題についても、これに最も適切な、正しい判断をすることのできる知恵以外の何物でもない。そういう知恵は、深くて広い知識の裏づけが必要なのだ。「やられたから、やりかえすのだ」みたいに、末梢神経だけで物を考えてはならないと思う。ところが、政治家を初め大多数の人々が、「制裁しろ!」「制裁しろ!」と、、盛んにいきりたっている。能の無い話である。これでは前の戦争が勃発した際、日本人の多くがアメリカ相手に「やった! やった!」と躍り上がって喜んだ昔の馬鹿さ加減からちっとも変わっていないではないか。             

「窮鼠、猫を噛む」というか・・・北朝鮮は追い詰められたあげくにミサイル投下に踏みきったのだ。下手に制裁などやったら、次は東京にミサイルを落としかねない。制裁よりもっと賢い方法があるはず。こんな時こそ、真に教養のある知恵者が欲しい。小泉純一郎程度の教養では、危ういことこの上もない。

                             2006.7.9記

人はよく泣く。よく悩む。そして、よく死ぬ。僕もよく泣いた。よく悩んだ。よく死のうとした。しかし、人の世とは、心から泣いたり、真剣に悩んだり、自殺したりするだけの価値など無いことに、やっと気がついた。

人生とは、一笑に付すだけの所でしかない。

お茶を濁すだけの所でしかない。

お茶を濁す

おのおの方、すべからく、

お茶を濁すべし! 

悩むのはもう、よそう。

2006.8.28記

玉子焼きを作ろう!

僕は、玉子焼きが大好き。しかし、それを自分の手で作った事は無かった。最近、出来たての玉子焼きが食べたくなり、初めて自分でそれを作ってみた。 まず玉子焼き用の四角いフライパンを買って来た。作り方は、NHKの「きょうの料理」と、たまたまやっていた「ためしてガッテン」の「玉子焼きの作り方」で勉強して、かなり自信があった。 フライパンの反しかたは、ラップに包んだふきんで練習した。

 緊張しながら作ってみると、まあなんとか玉子焼きらしい代物ができた。       食べたら、まずまずのおいしさだった。卵といっしょに入れた蜂蜜と酒が利いて、満足の仕上がりだった。第一手製の玉子焼きが食べられる幸せは、最高だった。

 皆さんも、不幸になったら、玉子焼きをお作りになるよう、お勧めしたい。   人間って、簡単な、小さな事で、いつでも幸せになれるようです。

UDON

迷画「UDON]を見た。                    その「UDON]とは無関係だが、映画館に入って、まずびっくりした。客がたった一人しかいなかった。私とアジサイを加えても、三人ぽっきり。私が若かった頃、青年達は皆映画に熱狂していた。現代の青年達は、一体どこへ行ってしまったのだろう? 9:30pmのレイトショーに青年一人と、老人ふたりとは!!!!  それとも、比較的人気の高い「UDON]のビデオ発売を待っているのだろうか?

 私の通っている東京八王子の片倉教会では、毎月映画会をやっている。今月は「THE 有頂天ホテル」を上映したが、十四人の老人が集まって熱心に見ていた。ここでは、映画がただで見られるのだが、それにしても、最近の映画館のあまりの変わりようには、あいた口がふさがらない。

 ところで、「UDON}だが、一言でいえば、「今の日本人が作れる最高の迷画」だろう。名画ではない。大変悲観的な発言で申し訳ないけれども、私には「日本人には本当のコメデイーは創れない」気がしてならない。その一歩前まで行った映画監督がいた。伊丹十三だ。お葬式」は、なかなかよかった。しかし、笑えなかった。ねらいはすばらしい。が、コメデイーとしての基本的な姿勢が欠けているのではないか?それは、「日本人」の特性から来ているらしい。

日本人が熱心に演じる落語も、漫才も、私にはちっとも面白くない。笑えない。なぜだろう? 彼ら噺家と漫才師は、「しゃべり」だけで、人の笑いを誘おうとする。これには、限界があるのだろう。ところが、日本の喜劇は、落語や漫才の延長でしかない。          

これと比べると、欧米の喜劇の根底にあるのは、体全体で表現する、ピエロだ。チャップリンは、映画をやる前は、ピエロだったと思う。

 

腹をくくろうぜ。

この世でのびのびと、明るい気分で生きていく方法は、一つしかない。

腹をくくる事だ。

自分の能力をしっかりと見極めて、「自分らしく生きよう」と腹をくくる事、これっきゃ無い。ところが、人間誰しも貪欲の亡者だから、つい腹をくくっていられない。すぐに貪欲に尻をぶったたかれて、うろうろ、おたおた、くよくよ、めそめそと悩んでしまう。                                        何があっても、人生せいぜい百五十年、・・・実に多寡がしれているんだ。  いいかげんに、腹をくくろうよ。

次へ